HOME > ドイスラゴスブログ 更新情報!! > ブラジルのまな弟子に福岡からエール WBC開幕へ

ドイスラゴスブログ 更新情報!!

< <WBC>終盤の逆転劇にスタンド大歓声 ヤフオクドーム  |  一覧へ戻る  |  今年もやります! >

ブラジルのまな弟子に福岡からエール WBC開幕へ

ブラジルのまな弟子に福岡からエール WBC開幕へ

2013/3/2 12:59
 Boa sorte!(ボア・ソルチ=頑張って)――。2日夜に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第1ラウンド初戦で「侍ジャパン」と対戦するブラジル代表に、ひときわ熱いエールを送る日本人男性がいる。18年前、研修先のブラジルで野球を教えた少年が、祖国を背負って夢の舞台に立つからだ。

 「まさか、僕の教え子がブラジル代表とは。しかも相手は日本代表、何かの因縁としか思えない」。福岡市中央区のブラジル料理店「ドイスラゴス」を営む山口輝義さん(40)は、高まる興奮を抑えきれずにいる。

 佐賀県出身の山口さんは、大学3年だった1995年に日本ブラジル交流協会の研修生としてブラジル南部のタトゥイ市に渡った。学校で日本語の授業のアシスタントをしながら、地元野球チームの小中学生らを指導。ほぼ1年間、「野球漬けの毎日」を送った。

 そこで出会ったのが、WBCブラジル代表でショートを守る日系2世、田中マルシオ敬三選手(32)。当時15歳だった。「小柄だがスピードがあり、恐ろしく肩が強い。将来プロになる逸材だと確信した」。山口さんが日本の高校野球のビデオを見せると、田中選手は「観客がいっぱいだ」と興奮気味に語り、以来、日本球界にあこがれるようになった。

 帰国にあたって山口さんは、福岡県の強豪、柳川高校(柳川市)を紹介。同校に留学した田中選手は野球部で1年目からレギュラーをつかむと、東京農業大(東京)に進学。現在はJR九州の硬式野球部に所属し、2009年の社会人野球日本選手権で初優勝に貢献するなど活躍している。

 「すごい選手に成長したが、僕にとって敬三は、いつまでも弟みたいな存在」。今も山口さんを「テル」と呼んで慕い、店を訪れる際には「ただいま」と笑顔を見せる。礼儀正しくひたむきな姿勢は、あの頃から何も変わっていない。

 WBC第1ラウンドで初出場のブラジルは、A組でキューバ、中国、そして3連覇をめざす日本とヤフオクドーム(福岡市)での総当たり戦に臨む。居ても立ってもいられず電話した山口さんに、田中選手は「相手はどこでもいい、1勝してくる」と力強く語った。


コメントする

< <WBC>終盤の逆転劇にスタンド大歓声 ヤフオクドーム  |  一覧へ戻る  |  今年もやります! >

このページのトップへ