HOME > ドイスラゴスブログ 更新情報!! > アーカイブ > 2010年6月アーカイブ

ドイスラゴスブログ 更新情報!! 2010年6月アーカイブ

6月25日フェスタジュニーナ & ブラジル対ポルトガル戦 の写真

dois6gatu 051_R.jpg

dois6gatu 012_R.jpg

dois6gatu 001_R.jpg dois6gatu 006_R.jpg dois6gatu 052_R.jpg

盛り上げてくださったDJの二人です。

ありがとうございました。


パーカッション 女子部誕生?

毎週水曜日の夜、DOISLAGOSで練習が行われています。

先生は当店の専属ミュージシャン 「ジロゲイロ先生」です。

dois6gatu 015_R.jpg

dois6gatu 010_R.jpg


今夜登場 セレソンブラジル

▽1次リーグG組

ブラジル−北朝鮮

 16日午前3時半(ヨハネスブルク・エリスパーク競技場)

 優勝候補のブラジルは安定感抜群。情報の少ない北朝鮮相手の初戦だが死角は見当たらない。北朝鮮は「5バック」の超守備的布陣を敷く。8強に進出した44年前は1次リーグでイタリアを倒しており、今回も強豪を脅かせるか。

是非 当店で応援しましょう!


サンパウロ新聞 5/25 福岡県 『九州ブラジル交流協会』発足

誰もが親しめる団体を 福岡県 『九州ブラジル交流協会』発足
 野外パーティーに70人が参加

 【福岡発・吉永拓哉福岡支局長】世代や国籍を問わず、誰もが親しめるブラジル交流団体を作ろうと、福岡県在住のブラジル関係者たちが中心となって『九州ブラジル交流協会』を発足。15日、福岡市内の今宿野外活動センターで発足パーティーを開いた。

 同県には中高齢者がコロニアとの交流活動を行っている海外移住家族会、若者たちが組織するサンバ、カポエイラのサークル、ほかポルトガル語教室などがあるが、普段は各団体で別々に活動している。

 この度発足した九州ブラジル交流協会では、九州地方のブラジル団体同士の親睦と、九州に在住する伯国人との交流を目的としている。

 15日の発足パーティーでは、若者からお年寄りまで、幅広い年齢のブラジル関係者ら70人が集まった。

 協会の創案者で、会長に就任した轟デイジーさん(46)はリオ市生まれの純伯国人。現在、夫とともに宗像市でフランス料理店を営んでいる。

 デイジーさんはあいさつで「福岡にはブラジルが好きな人がたくさんいる。その人たちにもっとブラジルの情報を提供し、イベントにも参加してもらいたい」と語った。

 また、発起人の一人である山口輝義さん(38、日本ブラジル交流協会OB)は、「今年は福岡県民がブラジルに移民してちょうど100年。この機会に各団体が一丸となってブラジルとの交流をさらに深めたい」。

 パーティーは野外で行われ、参加者はバーベキューを食べながらサンバを踊り、カイピリンニャで喉を潤した。

 この日はブラジルからの県費留学生たちも多数参加し、日本の若者たちとともに楽しいひと時を過ごした。

 県費留学生を引率した海外移住家族会福岡地区の山口博文さんは「今までは家族会だけで留学生の世話をしていたが、このような協会ができたことで、今後は若い者同士の交流ができれば」と期待を寄せた。

 同協会では今後、九州各県にあるブラジル団体にも参加を呼び掛ける。

写真:九州ブラジル交流協会の皆さん

2010年5月25日付

6月25日フェスタジュニーナ & ブラジル対ポルトガル戦 応援

6月25日フェスタジュニーナを行います。

20:00開始

3ドリンク 1000円(3チケット制)

23:00

ブラジル対ポルトガル観戦

皆で応援しましょう!

チーム紹介

集合写真

基本フォーメーション
基本フォーメーション
監督 ドゥンガ FIFA 世界ランキング 1(2010年5月26日発表)
出場回数 19大会連続19度目 最高成績 優勝

絶対的な優勝候補と評されながら、ベスト8で散った前回大会。世界制覇が至上命令とされる王国は、かつて1994年大会でトロフィーを掲げた"闘将 ドゥンガに改革の全権を託した。そして4年の歳月を経た今、その抜本的な改革は着実に実を結びつつある。 ドゥンガ監督はチームに規律をもたらした。とかく個の華やかな技術が先行しがちなブラジルにあって、攻守両面における組織力の向上を優先。ワールドクラスの実力者であっても"ドゥンガ・イズム に従えないタレントは容赦なく排除し、チーム内の競争力をよみがえらせることで活性化に成功した。そして、その効果はブラジルの持ち味である攻撃ではなく、特に守備面で顕著に表れた。組織プレーの徹底による守備の強化は、攻撃にも良い影響をもたらした。ジウベルト・シウバ、フェリペ・メロが居並ぶ中盤でフィルターをかけ、フアンやルシオ、ジュリオ・セーザルが相手の攻撃を確実に跳ね返す。奪ったボールをいち早く前線につなぎ、カカを中心にスピード溢れる速攻でゴールを狙う。こうしたスタイルをベースに、要所で選手個々のテクニックが輝く攻撃は相手に的を絞らせない。 選手層の厚さは言うに及ばず。ダニエウ・アウベスがベンチに控え、ミランで好調をアピールするロナウジーニョすら最終メンバー入りは難しい。優勝候補の最右翼としてのポテンシャルは十分。ドゥンガの改革は、世界制覇という結果をもってその成功を証明できるか。(文:SCエディトリアル)

ユニフォーム

ホーム アウェイ
ホーム ユニフォーム アウェイ ユニフォーム

« 2010年5月 | メインページ | アーカイブ | 2010年7月 »

このページのトップへ